「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」~ 手の自由を失いながらもハンディを乗り越え、描いた50作品~

http://www.meltec.co.jp/gallery/

「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」~ 手の自由を失いながらもハンディを乗り越え、描いた50作品~

三菱電機ビルテクノサービス株式会社がお届けする絵画展が、2017年6月16日(金)~6月18日(日)まで、福井「ラブリーパートナー・エルパ」 にて開催される。その名は「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」。実はこの絵画展、毎年全国各地で開催しており、26年目を迎えたそうで、これまでの開催で、来場数は75万7,000 人を超えているんだとか。

■口と足で表現するって?

言葉だけ読んでも、いまいちピンとこない、この絵画展のコンセプト”口と足で表現する世界の芸術家たち”

いったいどういう意味なのか?

実は、この絵画展で展示される作品は手の自由を失った世界各国の画家がハンディを乗り越え、鍛錬により高い技術力を身につけて、口や足に絵筆をとり丹精を込めて描いた絵画を展示するもの。作品の種類は油彩、水彩、アクリル、日本画、水墨画など様々。さらに、日本をはじめイタリア、フランス、ドイツ、スペイン、スイス、ポーランド、スロベニア、イスラエル、ケニア、南アフリカ、アメリカ、カナダ、ブラジル、ニュージーランド、インド、インドネシア、フィリピン、台湾、韓国など 20 の国や地域、39 人の作品を展示するという。

■この絵画展のはじまり

この展覧会は、1991年の教育研修施設の宿泊所に掲額するため「口と足で描く芸術家協会」に所属する画家が描いた作品を購入したことが始まり。社員たちは、口や足に絵筆をとって懸命に描いた絵画に大変感動して、近隣の方にも鑑賞していただくため、1992年に同施設内で手づくりの絵画展を開催した。これが大きな反響となり、それをきっかけとして、1994年からは全国展へと活動を広げている。社員やその家族がボランティアで運営を行いながら、活動を継続している。

文字通り【腕がない】ということは、決してハンデではなく個性なんだ!と言わんばかりの力強く、それでいて心に突き刺さる展示ばかり。この素晴らしい作品達をしっかりと見届けよう!

EVENT DATA

絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち

期 間 2017年6月16日(金)~6月18日(日)
10:00~18:00
場 所 ラブリーパートナー・エルパ 2F エルパホール
(福井県福井市大和田 2-1212)
金 額 入場無料

オススメイベント