美術作品で地獄を知る!『地獄絵ワンダーランド』

https://www.nhk-p.co.jp/event/detail.php?id=731

美術作品で地獄を知る!『地獄絵ワンダーランド』

特別展『地獄絵ワンダーランド』が、2017年7月15日(土)~9月3日(日)に三井記念美術館にて開催されます。タイトルからしてちょっとヤバそうですね。

タイトル通りこの展覧会は地獄がテーマです。地獄と言えば、閻魔大王や現世で罪悪を犯した魂が苦しみを受ける場所など天国と比べるとちょっとおぞましく恐怖的なイメージが強く、少し入り込みにくい世界ですよね。

そんな地獄にフィーチャーし、地獄を描いた絵画や書物などの芸術作品を展示するのが『地獄絵ワンダーランド』です。

仏教の世界観である地獄と極楽は、平安時代に源信が著した『往生要集』によって具体的なイメージが与えられ、その後絵画・彫刻などの多彩な作品が生みだされたようです。
本展は、そんな地獄と極楽の美術を通じて、日本人が抱いてきた死生観・来生観を辿っていくものです。地獄といえば真っ先に名前が出てくる閻魔(えんま)大王や十王、地蔵菩薩(ぼさつ)など、馴染み深い地獄のキャラクターたちをはじめ、あまり知られていない地獄の仕組みや地獄の様子が見てわかります。

『往生要集』や江戸時代に描かれた『熊野観心十界曼荼羅』に加え、近世以降に描かれた『たのしい地獄絵』や、水木しげる『のんのんばあ地獄めぐり』なども展示します。また、恐ろしいイメージの地獄だけでなく、白隠(はくいん)による『地獄極楽変相図』や、木喰(もくじき)による十王像など、ユーモア溢れる個性豊かな地獄の姿も必見です!
それぞれの時代によって描かれてきた地獄像の違いなんかを比べてみるのも面白いかもしれません。

普段気になっていてもなかなか知ることができない地獄に触れる貴重な展覧会です!夏休みの肝試し感覚で来場してみるのもいいかもしれませんね。

EVENT DATA

地獄絵ワンダーランド

期 間 2017年7月15日(土)~2017年9月3日(日)
場 所 三井記念美術館
(東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階))
金 額 一般 1,300円
大学・高校生800円

オススメイベント