笑点のオレンジ”林家たい平師匠”が地元秩父へ凱旋!SL運行30周年記念&御花畑駅・影森駅開業100周年記念

http://www.chichibu-railway.co.jp/blog/news/170607-1/

笑点のオレンジ”林家たい平師匠”が地元秩父へ凱旋!SL運行30周年記念&御花畑駅・影森駅開業100周年記念

もはや、「笑点のオレンジ色」の地位を不動のものとした落語家「林家たい平」。寄席はもちろんメディアでも大活躍中!2016年には『24時間テレビ39「愛は地球を救う」』のチャリティーマラソンランナーも務めるなど、“林家たい平”の名前は全国の老若男女へと知れ渡った。

そんなたい平師匠が地元である“秩父”で特別寄席を開催する。秩父鉄道株式会社の【SLパレオエクスプレス】が運行30周年、【御花畑駅・影森駅】が開業100周年をむかえることを記念して開催されるもの。当日は、たい平師匠の落語はもちろんのこと、鉄道ものまね芸人 立川真司トークショーやジャズ演奏など盛り沢山の内容。

■SLパレオエクスプレスって何?

『都心から一番近い蒸気機関車』というキャッチフレーズの蒸気機関車。かつて東北地方などの旧国鉄(現在のJR)で活躍したSLで、昭和47年に現役引退後は、吹上町立吹上小学校の校庭で小学生と一緒にのんびりと余生を送っていたが、昭和63年3月19日から5月29日まで熊谷市で開催された、さいたま博覧会にあわせて「SL運行を!」の声があがり、その大役にC58363が抜擢。昭和62年に車籍を復活。昭和63年に秩父路のSLパレオエクスプレスとして誕生した。
看板番組『笑点』でも、たびたび“秩父”をネタにするほど、地元愛の強いたい平師匠。もしかしたらこのイベントも笑点でネタになるかも?!

EVENT DATA

SL運行30周年記念&御花畑駅・影森駅開業100周年記念「林家たい平師匠 特別寄席」

期 間 平成29年9月17日(日)開場13:00、開演13:30
場 所 秩父宮記念市民会館
(埼玉県秩父市熊木町8−18)
金 額 入場無料

オススメイベント