真夏にひんやりと極地世界について学ぼう! 「南極&北極展」

http://www.tamagawa-sc.com/

真夏にひんやりと極地世界について学ぼう! 「南極&北極展」

焼ける様な真夏の暑さにうんざりしている方々、気分だけでも-50℃の極寒の地にトリップしてみませんか?
東京・玉川髙島屋S・Cで「南極&北極展〜真夏の玉川に氷と雪の世界がやってきた!〜」が夏真っ只中の2017年7月22日(土)から8月16日(水)まで開催されます。

2017年は、南極昭和基地設置60周年となる節目の年。
それに伴い今年は年初から南極を舞台とした映画や関連イベントが全国各地で開催され盛り上がりを見せています!

昭和基地は、天体・気象・地球科学・生物学の観測を行う南極大陸に設置された日本の恒久観測基地。60年経った現在も継続して観測が行われています。

当展では国立極地研究所の特別協力のもと、お子様が楽しめる体験型コンテンツをはじめ、北極・南極の厳しい自然環境や生き物の映像や剥製展示で分かりやすく紹介します。
日本の南極観測隊の活動を紹介する貴重な資料の展示、公式初となる極地の大自然や野生生物の記録映像も鑑賞できます。

注目なのが、イベントでは初公開となる泳ぐアデリーペンギン型ロボットの展示!アデリーペンギンは南極にのみ生息し、短いクチバシと目の周りの白いアイリングがなんとも可愛らしいペンギンです。
実はこのペンギン型ロボットはリアルなペンギンの生態を知るうえで重要な役割を果たしていて、実際にペンギンの生息地である南極に送り込まれペンギンの群れの中に放たれ、ペンギン型ロボットに取り付けられた高性能カメラによって、これまでカメラではとらえることができなかったペンギンのリアルな生活をとらえています。

今回初公開となるアデリーペンギン型ロボットは泳ぐ機能が付いた最先端のものです。
南極のペンギンたちも仲間と間違えてしまうくらいリアルに再現されたペンギン型ロボットをぜひこの機会にお楽しみください!

また2メートルを超えるホッキョクグマなど、南極・北極の希少な生き物の剥製も展示。こちらも南極・北極の生物学を知る貴重な展示物です。
ぜひこの機会にご鑑賞ください!イベント期間中は、オリジナルグッズの販売やワークショップも企画されています。こちらも併せてお楽しみくださいね!

神秘的な魅力がある「南極」と「北極」という極地の大自然、生き物について知ることができる貴重なイベントです。
ぜひ会場に足を運んで、「南極」と「北極」の魅力にどっぷり浸かってみてください!

EVENT DATA

南極&北極展 ~真夏の玉川に氷と雪の世界がやってきた!~

期 間 2017年7月22日(土)~8月16日(水)
場 所 玉川高島屋 S・C 西館 1F アレーナホール
(東京都世田谷区玉川3-17-1)
金 額 大人(中学生以上)600円 
小人 400円(3歳~小学生) ※3歳未満無料

オススメイベント