夏休みの自由研究はこれで決まり! 「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®」

https://www.kyodo.co.jp/insects/

夏休みの自由研究はこれで決まり! 「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®」

毎年大好評を得て夏の風物詩と化している「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®」が今年も開催されます!
夏休みをさらにエンジョイしたいキッズ、親子におススメのイベントです。

今回で4回目を迎える大昆虫展は、さらにパワーアップし親子で楽しめる森となっているみたいです。
これは楽しみ~♪順にイベント内容を紹介していきます。

昨年登場し人気のエリアだった「ふれあいの里」が今年は「ふれあいの森」として登場!
昆虫が住む森を再現し、生きたカブトムシおよそ150匹を放して実際に見て、触れ合うことができる子供たちにとっては夢のような空間です。

いやお父さんもきっと興奮し童心に帰れる空間です。また8月からはクワガタムシとも触れ合うことが可能です。こちらも楽しみに待ちたいですね。

昆虫標本コーナーは今年もファーブル研究の第一人者・奥本大三郎氏が監修を務め、
世界中のありとあらゆる昆虫の標本およそ100箱以上が会場に展示。子供たちにも分かりやすいおもしろ解説付きです。

今回新たに「きらめく甲虫 標本コーナー」が登場!こちらは関東初上陸!カブトムシ、クワガタムシ、カミキリムシ、ホタルなどを「甲虫」と呼びます。
キラッキラでピカピカな虫たちがみれるのはココだけ。地球上の綺麗な虫たちが大集結!まるで宝石箱みたいに美しい甲虫の背中にうっとりすること間違いなしです!

「紙でつくるリアル昆虫の世界」では、若手造形作家・中島波樹さんが紙で作った究極のカブト・クワガタのジオラマを展示。
紙で作られたとは思えないほど細かいジオラマ作品は本物そっくり。リアル昆虫と見比べてみてください!

「危険な昆虫コーナー」では環境省が監修、日本に住む危険な昆虫を展示します。意外と身近なところに危険な昆虫が潜んでいるかも!?

今回の「大昆虫展」のおそらく目玉になるであろう地中生体コーナーでは日本で初めて立体的に抽出、再現された「アリの巣」を関東初展示!
普段絶対目にはすることができない迷路みたいに張り巡らされたアリの巣は絶対見るべき価値がありますよ!

その他、スタンプラリー、巨大ヘラクレスに乗って写真が撮れる「記念写真コーナー」、夏休みの宿題にも役立つ「昆虫教室」など親子で楽しめるコーナーも充実!
ぜひこの機会に親子で楽しい思い出を作りましょう!

身近な昆虫から知らない昆虫まで様々展示されている「大昆虫展」はまるで図鑑みたいで子供だけでなく大人も興奮すること間違いないイベントです。
ぜひいろいろ見て、触れて、夏休みの自由研究なんかに役立ててみてください!

EVENT DATA

大昆虫展 in 東京スカイツリータウン®

期 間 2017年7月15日(土)~2017年8月23日(水)
場 所 東京ソラマチ5階「スペース634」
(東京都墨田区押上1-1-2)
金 額 親子券:1,500円(大人+子供 各1名)
大人券:1,000円(高校生以上)
子供券: 700円(4歳以上) 
※3歳以下は無料

オススメイベント