東京ドームシティのお化け屋敷『恐怖の首すじ理髪店』夜間はさらに恐怖が倍増!?

http://www.kubisuji.tokyo/

東京ドームシティのお化け屋敷『恐怖の首すじ理髪店』夜間はさらに恐怖が倍増!?

東京ドームシティ アトラクションズで毎年恒例となっている夏季限定の恐怖のお化け屋敷が今年もやってくる!
今年は『恐怖の首すじ理髪店』!!公式ホームページやポスターを見る限り今回もかなりヤバそうで、また恐怖に震える人が続出しそうだ!

スウィーニー・トッド?今年のホラーは理容師さん♪

今回のミッションは<首飾りをつけて歩く>こと。
足を踏み入れた理髪店では、かつて首飾りを巡って恐ろしい惨劇が起こっていました。
今でも、怨念はその場に残り、首飾りを目印に、闇の中に潜むカミソリがあなたの首すじを狙ってきます。

今回のお化け屋敷は上記の通り「首飾りをつけて歩くこと」。そしてもうひとつ注目したいのが「時間帯によって演出が変わる」という事です。

10:00~16:00は【ノーマル篇】、17:00~22:00は【超・絶叫篇】として時間帯によって演出が変わるお化け屋敷では珍しい演出も!

【ノーマル篇】でも十分怖いのに【超・絶叫篇】では演出が2倍に!さらに【ノーマル篇】では開かなかった一番奥の部屋のドアも開きます。
でも本当に怖いらしいので初心者の方はまずは【ノーマル篇】から足を踏み入れましょう!

恐怖のプロフェッショナル「五味弘文」

今回の仕掛け人ももちろんお化け屋敷プロデューサー・五味弘文氏。
1992年から、毎年東京ドームシティアトラクションズでお化け屋敷を手がけ今年でなんと26作目!歴史を感じますね。

今では当たり前になっているお化け屋敷にストーリーを作り、ゲストに役割を担わせることでそのストーリーに参加させるというスタイルを確立したまさにお化け屋敷のパイオニア。
近年では、拠点だった東京ドームシティアトラクションズ以外でもお化け屋敷をプロデュースするなど活動の幅を全国に広げています。

夏の風物詩となっている東京ドームシティのお化け屋敷で今年の夏も恐怖に震え、叫んで夏の暑さを吹き飛ばしてみてください!

~ストーリー~
理髪店の店頭で回る赤青白のサインボールは、動脈、静脈、包帯を表わしていると言います。
かつて、そこには、崎田という腕の良い理髪師の店がありました。彼はある女性に首飾りを贈り、それが縁で二人は結婚しました。その首飾りを留め外しするのが、崎田の楽しみでした。
ところがある時、彼は自分以外の誰かが、その首飾りを留めていることに気づきます。そのことを知ってから、崎田の手が震えるようになりました。
そしてとうとう、客の首を傷つけてしまいます。彼は次第に、塞ぎ込むようになりました。
あの首飾りが悪いんだ。そう考えた崎田は、彼女の首飾りを外そうとしますが、手が震えて外せません。
そこで彼は、カミソリで首飾りを切ろうとしますが、手が震えて外せません。そこで彼は、カミソリで首飾りを切ろうとしました。
しかし、切れたのは首飾りではなく彼女の首すじでした。夥しい血を流しながら、彼女は息絶えてしまいます。
それを追うように、彼は自分の首を切って死んでしまいました。
それ以来、その付近では、夜に首飾りをつけて歩いてはいけない、と言われています。もし、首飾りをつけていたら、耳元でこんな声が聞こえるかもしれません。
「今度こそ、うまく切るから……」

EVENT DATA

東京ドームシティ アトラクションズ 「恐怖の首すじ理髪店」

期 間 2017年7月15日(土)~9月24日(日)
場 所 東京ドームシティ アトラクションズ
( 東京都文京区後楽1丁目3−61)

【ノーマル篇】10:00~16:00
【超・絶叫篇】17:00~22:00
金 額 1,030円(【ノーマル篇】【超・絶叫篇】共通)
※【ノーマル篇】はワンデーパスポート・ライド5での入場可
※【超・絶叫篇】はワンデーパスポート・ナイト割引パスポート・ライド5での入場不可

オススメイベント