https://planetarium.konicaminolta.jp/manten/program/planetarium/summer_17/

ナオト・インティライミ×プラネタリウム″満天″の最強癒しコラボ再び!

これまで「サカナクション」「秦 基博」「コブクロ」「Superfly」といった日本を代表するトップミュージシャンとのコラボ作品で話題を集めている“星空”と“音楽”が一度に楽しめる新感覚プラネタリウム“満天”で、
夏の作品として「ナオト・インティライミ 僕らが空を見上げる理由(わけ)」が上映されます。

ナオト・インティライミのこの作品、実は2度目の上映なんです!
プラネタリウム“満天”と姉妹館である東京スカイツリー内にあるプラネタリウム“天空”で2015年に「ナオト・インティライミ 僕らが空を見上げる理由(わけ)」として上映されました。

その時の反響が大きく「一度鑑賞した人が選ぶ、もう一度見たい作品」としても幾度となく再上映が熱望されていた人気作品でもあります。今回はいわばアンコール作品としてプラネタリウム″満天″に帰ってきたのです!

代表曲のひとつである「君に逢いたかった」をはじめ、これから始まる夏にぴったりな爽快な楽曲が、プラネタリウムドームに響き渡ります。
作品全編のナレーションもナオト・インティライミが担当。

かつて、世界一周48カ国を一人で渡り歩いた時に見た、様々な星空の魅力や、星にまつわる思い出を語り、大切なものへの想いを自らの言葉で伝えてくれます。

ナオト・インティライミのインティライミは南米インカの言葉で『太陽の祭り』を意味します。
地球にとって最も重要な星「太陽(インティ)」が地球に与える恩恵を今回の作品では紹介します。

太陽と地球の絶妙な関係、地球を守る太陽風の存在など、奇跡としか表現できない、知られざる壮大な宇宙のドラマがあります。
本作を通じ、私たちにとって身近な存在になりすぎた“太陽”を再確認することで、日常生活に確かに存在する「近くにあって気付かない大切なもの」を見つめなおすキッカケに繋げてください。

プラネタリウム″満天″はこれまでのプラネタリウムでは当たり前だった「プラネタリウムは座って鑑賞するもの」という固定概念を壊し、
新発想のプレミアムシート「芝シート」「雲シート」があることでも有名です。

本当の大自然のなかで星空を楽しむような開放的な雰囲気とナオト・インティライミの歌声によるダブル癒し効果はマジでヤバいですね。
日常を忘れさせてくれるようなここでしか体験できない贅沢な時間をぜひ堪能ください!

EVENT DATA

ナオト・インティライミ 僕らが空を見上げる理由(わけ)

期 間 2017年5月27日(土) ~ 2017年10月29日(日)
場 所 コニカミノルタプラネタリウム″満天″
(東京都豊島区東池袋3-1-3)
金 額 一般シート
大人(中学生以上):1,500円
子ども(4才以上):900円

芝シート / 雲シート
芝シート:3,500円(小学生以上2名まで)
雲シート:3,800円(小学生以上2名まで)

オススメイベント