謎多き深海の世界に最新技術でせまる「深海2017」

http://shinkai2017.jp/

謎多き深海の世界に最新技術でせまる「深海2017」

東京・国立科学博物館で深海や深海にすむ生き物ににフィーチャーした特別展「深海2017」が開催されます。
深海はかつて宇宙に匹敵するくらい神秘的で謎めいたベールに包まれたもので最後のフロンティアと言われていました。

しかし、技術の発展や人々の努力によって今までは入れ込めなかった深海にカメラが潜入したり、鮮明な映像で深海にすむ生き物を捉えたりと徐々に深海の謎が紐解かれています。

記憶にも新しい2013年NHKと国立科学博物館などが世紀のスクープ映像と言われた世界初の生きたダイオウイカの撮影に成功しました。
また、2016年ダイオウイカを撮影した取材チームが再び集結し、新たな深海シリーズ「ディープ・オーシャン」を2016年から2017年にかけて制作しています。

今回の「深海2017」はそんな深海シリーズでおなじみの取材班が全面協力!
NHK取材班による貴重映像や、4Kスーパーハイビジョンの深海シアターを通して、動く深海生物の姿を見ることもできます。

もちろん伝説の怪物「ダイオウイカ」の標本も展示!実物を目の前に興奮すること間違いなさそうですね。
そのほかにも、深海の巨大ザメ「オンデンザメ」、驚異の発光を放ち水中の宝石ともいわれている驚異の発光物体「クロカムリクラゲ」、
飛び出たでっかいインパクトありな目玉が特徴ザ・深海魚「デメニギス」など多種多様な珍しい深海生物の標本も展示。

また深海生物に関する展示に加えて、東北地方太平洋沖地震の実態を深海の視点から迫るのも大きな見どころです。
本展では、世界最高の科学掘削能力を持つ地球探部捜査船「ちきゅう」の1/100模型や、海底下深部から採取された地震断層、
「ちきゅう」に搭載されている海底を掘削するドリルパイプの実物ほか、最新の深海調査を行っている船舶や探査機を紹介します。こちらも一緒にお楽しみください!

最新技術で迫った深海の世界とそこにすむ生き物にワクワクすること間違いないイベントです。深海の深~い世界にどっぷり浸かってください!

EVENT DATA

深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~

期 間 2017年7月11日(火)~2017年10月1日(日)
場 所 国立科学博物館
(東京都台東区上野公園7-20)
金 額 【前売】一般・大学生 1,400円 小・中・高校生 500円 
【当日】一般・大学生 1,600円 小・中・高校生 600円 
金曜限定ペア得ナイト券 2,000円

オススメイベント