父・幸雄の死と向き合う日々を描いた写真展 『蜷川実花 うつくしい日々』

http://tomiokoyamagallery.com/news/artists-info/ninagawaharabi2017/

父・幸雄の死と向き合う日々を描いた写真展 『蜷川実花 うつくしい日々』

『蜷川実花 うつくしい日々』が、2017年5月10日(水)~5月19日(金)東京・原美術館にて開催される。
2016年10月に父である演出家・蜷川幸雄を亡くした写真家・蜷川実花。10日間限定で開催される本展では、父親の死に向き合う日々を撮影した写真約60点を公開する。

蜷川実花の作品の特徴といえば、ポップでカラフルで刺激的な色彩が特徴ですが、今回の作品を見ると彼女の刺激的な世界観とはまったく正反対の静かで日常的な世界が広がる作品ばかりだ。
それだけ偉大な父親の死が彼女に与えた影響は大きいのかもしれない。彼女が「逝く人の目で撮った写真」と表現するように、一点一点に、この美しい世界と別れゆく父の視線と、それを受け継ぐ娘の視線が重なります。

作品は踏切を走る京王線の電車や道路標識、日差しを受けるピンク色の花々など蜷川実花が見つめる日常の風景を捉えた作品が多く、
静かな色彩の中に彼女がこれから力強く生き生きと輝きを放って生きていこうとする美しさも感じられる作品ばかりだ。

特に印象的だったのが、スポットライトを強く受け舞台から無人の観客席を眺めるような撮られた作品。
演出家・蜷川幸雄の視線を上手く表現し、演出家・蜷川幸雄が何度も見てきたであろう景色が広がる。

今まで父・蜷川幸雄についてあまり多くを語ってこなかった娘・蜷川実花の父に対する思いなんかも作品を通じて感じられるかもしれない貴重な写真展になりそうだ。

EVENT DATA

蜷川実花 うつくしい日々

期 間 2017年5月10日(水)〜2017年5月19日(金)
場 所 原美術館
(東京都品川区北品川4-7-25)
金 額 一般 1,100円
大高生 700円
小中生 500円

オススメイベント