2人の天才の競演。レオナルド×ミケランジェロ展が見逃せない!

http://mimt.jp/lemi/

2人の天才の競演。レオナルド×ミケランジェロ展が見逃せない!

ルネサンスの2大巨匠、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」と「ミケランジェロ・ブオナローティ」。
美術や歴史にあまり詳しくなくてもこの2人の名前は知っている、という方も多いのではないでしょうか?

ダ・ヴィンチは“モナ・リザ”や“最後の晩餐”、ミケランジェロは“ダビデ像”や“ピエタ”が代表作として有名ですね。
今回の展覧会は、その2人の「素描」を見比べられる日本で初めて試み。

日本初公開作品を含む約65点が展示され、「人体表現」、「油彩画」、「レダと白鳥」、「肖像」など、8つのテーマに沿って両者の作品を対比することができます。

<宿命のライバル?2人の関係>

同じ時代に生まれた2人の天才、実はあまり仲が良くなかったとされています。
ダ・ヴィンチはミケランジェロより23歳年上ですが、2人は「宿命のライバル」と呼ばれていました。

当時から著名な芸術家として活動していた2人ですが、建築、科学、解剖学、天文学など多数の分野に関心を広げ、多彩な才能を発揮したダ・ヴィンチに対し、
ミケランジェロは絵画や建築などで偉大な作品を残してはいるものの、自身は彫刻家であると明言し、彫刻こそルネサンスを象徴するに相応しいと考え、信じた道を貫いた人でした。

考え方の違いなどからなかなか相入れなかった2人ですが、常にお互いを意識し合う存在であったと言います。

<最も美しいとされる素描>

両者の最も美しいとされる素描も見ることができます。
ダ・ヴィンチの「少女の頭部」は有名な絵画、「岩窟の聖母」のための習作。

ミケランジェロの「レダと白鳥のための頭部習作」はクロスハッチングという技法で立体感を出しています。
素描は全ての創造の源であり、秀でた2人の作品を間近で見比べられる貴重な機会となっています。

<こちらもチェックしたい!>

展覧会に合わせ、6月13日・20日(火)、BS-TBSにて、「世界を創った天才たちの素顔 ダ・ヴィンチvsミケランジェロ」が放送されます。
2週連続で“ルネサンスとは何か”に迫っていくドキュメンタリーです。

こちらもチェックしておくと、展覧会がより深く楽しめそうですね。

アートファンならずとも行ってみたくなる、レオナルド×ミケランジェロ展。
お出かけになってみてはいかがですか?

EVENT DATA

レオナルド×ミケランジェロ展

期 間 2017年6月17日(土)~9月24日(日)
場 所 三菱一号館美術館
(東京都千代田区丸の内2-6-2)
金 額 前売り券 一般1500円/大学生以下前売り券なし
当日券  一般1700円/高校・大学生1000円/小・中学生500円

オススメイベント