実写映画『鋼の錬金術師』公開記念!「鋼の錬金術師展」

http://www.mbs.jp/hagarenten/

実写映画『鋼の錬金術師』公開記念!「鋼の錬金術師展」

2017年12月1日(金)から全国一斉公開される実写映画『鋼の錬金術師』。Hey! Say! JUMPの“山田涼介”が主人公のエドワード・エルリックを演じ、ヒロインのウィンリィ・ロックベルを“本田翼”、焔の錬金術師ロイ・マスタング大佐は“ディーン・フジオカ”という豪華キャストという待望の1作!この公開に先立って、『鋼の錬金術師展』が東京ドームのお膝元「Gallery AaMo」で開かれるぞ!

実写化には賛否両論あるとして、この展示は超オススメ!

この『鋼の錬金術師展』は、原作者「荒川弘先生」による漫画原画とテレビアニメシリーズの資料の数々によりその魅力を余すところなく紹介!さらに、会場ではテレビシリーズの人気声優によるエルリック兄弟の話し声が聞こえ、展示作品は全て荒川弘先生ご本人の手によって描き出された生原稿!!会場全体がアニメ映像や造形物によって作品の世界観に演出され、「見て、体感できる原画展」

知らない人はいないと思うが、念のため作品を紹介しておこう。

【鋼の錬金術師】
荒川弘氏による原作、通称“ハガレン”は、幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長のストーリー。01年に月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載がスタートし、テレビアニメやアニメ劇場版を機に爆発的な人気を獲得。全世界でシリーズ累計発行部数7000万部超という記録を打ち立てた。

映画がどんなものになっているかは置いといて、ファンなら一見の勝ちアリ!映画に対する賛否を語る予習という意味でも、行ってみるのもいいかもしれない。

EVENT DATA

鋼の錬金術師展

期 間 2017年9月16日(土)〜2017年10月29日(日)
10:00〜17:00 / ※最終入場は閉館の30分前まで
場 所 Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
東京都文京区後楽1-3-61
金 額 <入場券>
【前売】 一般・大学生 1,300円、中高生 1,000円、小学生以下 800円
【当日】 一般・大学生 1,500円、中高生 1,200円、小学生以下 1,000円
<音声ガイド付き入場券>
【前売】 一般・大学生 1,900円、中高生 1,600円、小学生以下 1,400円
【当日】 一般・大学生 2,100円、中高生 1,800円、小学生以下 1,600円

オススメイベント