ドラえもんの名作がここに!今だけの『ドラえもん名作原画展』

http://fujiko-museum.com/

ドラえもんの名作がここに!今だけの『ドラえもん名作原画展』

誰もが知る国民的アニメ“ドラえもん”。
今や日本だけでなく、世界中で愛されるキャラクターですね。 昨年のリオオリンピック閉会式で、安倍総理らと共に東京大会のプレゼンテーションに登場したことも記憶に新しいです。

そんなドラえもんの名作原画展が開催中。 場所は川崎市にある、藤子・F・不二雄ミュージアム。 貴重な資料や実物大のキャラクターを見られるほか、カフェや限定グッズなどもあり、大人気のスポットなんです。 2011年にできたこのミュージアムの開館5周年を記念した特別展示になります。

◇見どころはここ!

ドラえもんは1969年に連載が始まり、藤子・F・不二雄氏の作品の中で最も長く書かれた代表作。

実は、連載当時は小学館の学年誌、小学一年生から小学六年生までの各誌で同時連載でした。 それだけ人気を博していたということもよくわかりますが、藤子・F・不二雄氏は、それぞれの学年の子どもたちが楽しめるようにストーリーやセリフ、コマ割りの大きさなど、年齢に合わせて描き分けていたそうです。

そんな各学年誌の違いを見ることができるのも、この原画展の見どころとなっています。 そして、現在公開中の『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』のヒントとなった漫画「大氷山の小さな家」も展示されています。 こちらの見逃せません。

◇限定グルメやグッズも!

ミュージアムにはカフェが併設されています。 こちらで食べられるメニューがとってもかわいいんです!

一部ご紹介すると…

ドラえもんのキュートな顔がシチューに浮かんだ「ドラえもんシチュー・ド・ライス」、 ドラマも大好評だった“スーパーサラリーマン左江内氏”の「左江内氏のスーパーメン」など。 どれも作品にちなんだビジュアルで、思わず写真を撮りたくなってしまいます。

4月10日まではスイーツフェアも開催中です。

こちらも、ドラえもんとドラミちゃんが仲良く並んだ「ドラドラロール」、 自家製ワッフルに生クリームといちごがサンドされた「ドラミちゃんのしっぽワッフルサンド」などかわいいメニューがいっぱい! SNSにあげたくなってしまうこと間違いなしですね。

ミュージアムショップには、 ドラえもんの描かれたホーローマグや豆皿、ドラえもんの焼き印入りどら焼き、ドラえもんパスタなどもあります。 こちらもついつい欲しくなってしまいそうなものばかり。 ミュージアム限定なのでお土産にも最適です。

◇チケットについて

ゆっくり見られるようにという配慮からチケットは完全日時指定制になっており、現地で購入できません。 事前にローソンチケットで購入が必要なのでご注意ください。

EVENT DATA

ドラえもん名作原画展

期 間 2017年3月1日(水)〜7月2日(日)
場 所 藤子・F・不二雄ミュージアム
(神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号)
金 額 大人・大学生  1,000円
高校・中学生  700円
子ども(4歳以上) 500円

オススメイベント